JMラムを生産するフォン・プレヴィル蒸留所(エリティエ・クラスーズ・ド・メデュイール社が経営。2003年バーディネ社の傘下に入る。)は1790年、良質のラムを産することで有名なフランス海外県マルティニーク島に設立。
製造方法は、マルティニークで唯一、銅製単式蒸留器を用い、冷却用に川の水を蒸留所に引くなど昔ながらの製法にこだわっている。

ゴールドは、再度内側を焼いたバーボン樽で1年間熟成。
味わいは、フルーティー、スパイシー、スウィート、キャラメル、ナッツ、ドライフルーツ、シュガー、バナナの葉、ミネラル。
閉じる