グラスゴーの西のはずれにある蒸留所の産。酒名はゲール語で“野原の片隅”の意。
モルトの蒸留は2回行うのが一般的だが、ローランドでは伝統的に3回行ってきた。オーヘントッシャンもその製法を踏襲しており、おだやかで繊細な味わいのモルトを生産している。
12年はライトでスムースな味わい。
(世界の名酒辞典より)
閉じる